スマレジ取引履歴をマネーフォワード仕訳帳形式に変換

これはpython練習用に作った自分用CGIでございます。
使用はご自由ですが如何なる不具合がございましても責任は負いかねます。
スマレジ(スタンダードプラン)ではマネーフォワードとAPIによる自動連携ができませんので
スマレジの取引履歴データをマネーフォワードの仕訳帳形式に変換してインポートします。
スマレジ(プレミアムプラン)以上でございましても、
マネーフォワードとのAPIによる自動連携では商品毎に売上データを読み込んでしまい
非常に冗長になってしまいますのでこちらのCGIが役に立つやもしれません。
税込経理方式への変換になっています。



スマレジの取引データファイルを選択して送信を押すと変換されたデータがダウンロードされます。
取引データ必須項目

  • '取引ID'
  • '取消区分 (0:通常、1:取消)'
  • '打消区分(0:通常、1:打消元レコード、2:打消レコード)'
  • '取引区分 (1:通常、2:入金、3:出金、4::預かり金、 5:預かり金返金、6:ポイント加算、7:ポイント減算、8:ポイント失効、11:チップ、13:マイル加算、14:マイル減算、 16:領収証発行)'
  • '締め区分 (0:未処理、1:精算処理済み、2:締め処理済み)'
  • '合計'
  • '締め日時'
  • '販売価格計(値引済)(税込)'
  • '適用税率'
  • '標準税率'
  • '軽減税率名'
  • '商品名'
  • '内現金支払金額'
  • '内クレジット支払金額'
  • '預かり金'
  • '釣銭'
  • '取扱カード会社'
  • '支払金種1'
  • '支払金種2'
  • '支払金種3'
  • '支払方法名1'
  • '支払方法名2'
  • '支払方法名3'
  • '預かり金その他1'
  • '預かり金その他2'
  • '預かり金その他3